進化するタイムカード

タイムカードはいつからいつまで働いたかを証明するために大切なものです。タイムカードがなければ正確なお給料を計算することができませんし、残業をしていたこともわかりません。



出社したときと退社するときは必ずタイムカードをつけましょう。
しかし紙でできているタイムカードでは実際には他の人が記録をつけたとしてもわかりません。

これは不正行為となってしまいます。最近ではそうした不正行為ができないよう、新しい勤怠システムも登場しています。

それが静脈認証による個人照合の勤怠です。
記録をつける場合は静脈認証を行い、登録した以外の人が操作できないようにするシステムです。


このシステムを採用することで、紙による管理が必要なくなるため、簡単に人件費の計算ができるばかりではなく、不正行為の撲滅、正確な時刻を記録することができます。
今まで数分単位の小さな遅刻や残業はお給料の計算から省かれていましたが、労働者側にとっても公平な給料が支払われるようになるため、両社にとってメリットがあります。

本当のYOMIURI ONLINEに出会えて満足です。

しかしそんな静脈認証による勤怠システムですが、1つだけ弱点があります。



それは冬の寒さです。
人間の血管は冷えると縮小してしまいます。


そのため静脈認証システムは冷えている手の血管を正確に認識することが難しいのです。これは静脈認証のATMでも同じことが言えます。冬場は勤怠の登録に時間がかかってしまうことがありますので、手を温める設備も必要でしょう。

関連リンク

タイムカードは法律で認められた労働記録です


タイムカードは企業のIT化が大きく進んでいる現代でも非常にたくさんの企業で利用されているものです。その理由として紙のカードを用意すれば簡単に出退勤の記録ができることや、労働者自身がその記録をすぐに確認できるという点が良くあげられますが、実はそれ以外にもタイムカードが利用されている大きな理由が有ります。...

利用しやすいタイムカード


従業員の出勤状況を管理するには、タイムカードを使うと効率的です。タイムカードとは専用の機械に挿入するとその時刻がカードに打刻されるもので、あとでカードを集計することで出勤状況を管理できる仕組みです。...