タイムカードの利便性と問題点

紙のタイムカードとそこに打刻するタイムレコーダーは、日本が高度成長期に入りビジネスが活性化するとともに全国に普及してきました。


機器が単純で故障しにくく、メンテナンスもあまり必要ないタイムレコーダーは簡単に導入でき、利便性も高いことからほとんどの企業で採用され、今もなお使用している企業は多くあります。


また、紙のタイムカードに機械が打刻しますので手書きの物と違い改ざんすることが難しく、誰が見ても明らかな形で勤務状況を残しておけることもメリットでした。

しかし今、そのタイムカードはクラウド型の勤怠管理システムにその舞台を奪われつつあります。


利便性の多いタイムカード形式の勤怠管理でしたが、問題点が徐々に明らかになってきたのです。


その問題点とは、まず、給与計算に関する業務にかなりの手間を要することです。



打刻されたものを読み取りパソコンなどで集計するためには、目で見ながら入力する必要があります。


一事業所の十数人くらいまでの企業でしたらこれでも問題はあまりありませんが、事業所が増え、人数が増えるとその手間は莫大なものとなります。

また、入力ミスによる給与の間違いは、従業員の信頼を落とすことに繋がります。



また、全従業員の勤怠状況を一目で見渡すことが難しいため、過重労働を見逃しがちです。
最近では過重労働に関する世間の目も厳しくなっていますし、これを防ぐことは従業員の定着率にも関わってきます。これらを実現できるのがクラウド型の勤怠管理システムです。


紙のタイムカードと違い、インターネットを通じてサーバー上にリアルタイムに打刻情報を保管し、集計もしてくれるため、これまでの問題点を改善することができます。

日本経済新聞情報サイトを使用する機会が増えています。

まだ導入されていない場合は、一度検討してみると良いと言えるでしょう。


関連リンク

タイムカードは法律で認められた労働記録です


タイムカードは企業のIT化が大きく進んでいる現代でも非常にたくさんの企業で利用されているものです。その理由として紙のカードを用意すれば簡単に出退勤の記録ができることや、労働者自身がその記録をすぐに確認できるという点が良くあげられますが、実はそれ以外にもタイムカードが利用されている大きな理由が有ります。...

利用しやすいタイムカード


従業員の出勤状況を管理するには、タイムカードを使うと効率的です。タイムカードとは専用の機械に挿入するとその時刻がカードに打刻されるもので、あとでカードを集計することで出勤状況を管理できる仕組みです。...