タイムカードよりもタッチパネルで勤怠管理

勤怠管理といえば、普通はタイムカードを想定しますし、現在でもこの形をとっている企業は多いです。紙媒体で安く、すぐ見れてタイムレコーダーもそれほどが高価でもないのでもっともポピュラーな形式です。確かにコスト面では非常に安いのが魅力ですが、タイムカードのデータ使用する場合での勤怠管理の現場で作業が非常に煩雑で手間がかかります。たいていの場合にはその用紙に打刻された時刻を転記するなりして、それを集計して給与計算、年次有給休暇、残業手当などの一連の総務作業をするわけですが、ヒューマンエラーはどうしても出ますので、何度もやり直して結果総務課は残業しなければならないということになり、別な意味でコストがかかります。



こうしたコストを本当に削減したいのならば、タイムカードではなくもっと違った勤怠管理システムを構築するべきです。



このシステムに適切なのが、タッチパネルをつかったタイムレコーダーです。

今探すならこちらのエキサイトニュースに出会えて満足です。

この方式は、出社した場合にはいつもなら出勤簿のあるところにこのタッチパネルレコーダーを置いておいて、出社したときに社員IDを表示でタッチするだけのものです。

この方式ではまずタイムカード独特の打ち漏れもなく、タッチされた後のデータもパソコンで自動集計してくれます。
そしてその自動集計されたデータに基づいて給与計算などの勤怠管理のデータを一括に処理できるのでいつも賃金締め切り日以後の総務課の無意味な残業が減らせて大幅なコストダウンになります。

関連リンク

タイムカードの利便性と問題点


紙のタイムカードとそこに打刻するタイムレコーダーは、日本が高度成長期に入りビジネスが活性化するとともに全国に普及してきました。機器が単純で故障しにくく、メンテナンスもあまり必要ないタイムレコーダーは簡単に導入でき、利便性も高いことからほとんどの企業で採用され、今もなお使用している企業は多くあります。...

進化するタイムカード


タイムカードはいつからいつまで働いたかを証明するために大切なものです。タイムカードがなければ正確なお給料を計算することができませんし、残業をしていたこともわかりません。...