利用しやすいタイムカード

従業員の出勤状況を管理するには、タイムカードを使うと効率的です。
タイムカードとは専用の機械に挿入するとその時刻がカードに打刻されるもので、あとでカードを集計することで出勤状況を管理できる仕組みです。

このシステムの良い点は、維持費が安いことです。



専用の機械といっても単純な仕組みなので、販売価格はそれほど高くありません。メンテナンスなども必要なく、一度製品を導入したらずっと長く使うことができます。

使い方も簡単で、利用する人がカードを挿入するだけなので、トレーニングなどを施す必要もありません。


すでに多くの職場に普及しており、アルバイト先などで誰もが一度は経験しているだけに操作を誤ることもないのです。



このように使いやすさが特徴のタイムカードですが、社員数が多い場合には不便を感じるかもしれません。
カードの数が大きくなるほど集計にも時間がかかるからです。

YOMIURI ONLINEのお役立ち情報はこちらのサイトです。

また、手作業に頼る点も多く、間違った数字を入力してしまうことも考えられます。


そこで社員数が多い企業ならば、デジタル式のタイムカードも検討してください。

こちらは入退室をデジタルデータで管理しており、即座にデータベースへと自動で反映されるのが特徴です。

手入力を必要としないため誤ることがなく、管理も正確であるのがメリットです。費用は多少かかるものの、人件費を抑えて正確な業務が期待できるシステムです。

関連リンク

タイムカードは法律で認められた労働記録です


タイムカードは企業のIT化が大きく進んでいる現代でも非常にたくさんの企業で利用されているものです。その理由として紙のカードを用意すれば簡単に出退勤の記録ができることや、労働者自身がその記録をすぐに確認できるという点が良くあげられますが、実はそれ以外にもタイムカードが利用されている大きな理由が有ります。...

利用しやすいタイムカード


従業員の出勤状況を管理するには、タイムカードを使うと効率的です。タイムカードとは専用の機械に挿入するとその時刻がカードに打刻されるもので、あとでカードを集計することで出勤状況を管理できる仕組みです。...