タイムカードは法律で認められた労働記録です

タイムカードは企業のIT化が大きく進んでいる現代でも非常にたくさんの企業で利用されているものです。
その理由として紙のカードを用意すれば簡単に出退勤の記録ができることや、労働者自身がその記録をすぐに確認できるという点が良くあげられますが、実はそれ以外にもタイムカードが利用されている大きな理由が有ります。

それは、タイムカードは法律で認められた労務管理の記録となりうるものであるためです。

企業は従業員の労務管理を適正に行うことが義務付けられており、一日の労働時間や週単位の労働時間の上限が法律で決められています。無断でこの時間を超えて労働を強制することは法律で禁じられており、これを超える場合については事前に時間外労働における労使協定を結び、この内容を労働基準監督署に届け出る必要があります。

エキサイトニュースの詳細についてはこちらです。

そのため、この届出内容に沿った労働環境が維持されているかどうかの証拠としてタイムカードが認められているのです。



最近はIT化等により電磁的に記録する方法も用いられていますが、この場合本人と上司の確認印が押印された記録を残す必要があり、管理が面倒になるデメリットが有ります。

その為、IT化をしても労務管理に関する管理コストは減ることは余りなく、むしろ再度本人が確認をして押印したり、上司が確認して押印するなどの手間が増えるほか、押印した記録を一定期間保管しなければならない点では従来と変わらないことから、タイムカードを利用する会社が多いのです。



関連リンク

タイムカードは法律で認められた労働記録です


タイムカードは企業のIT化が大きく進んでいる現代でも非常にたくさんの企業で利用されているものです。その理由として紙のカードを用意すれば簡単に出退勤の記録ができることや、労働者自身がその記録をすぐに確認できるという点が良くあげられますが、実はそれ以外にもタイムカードが利用されている大きな理由が有ります。...

利用しやすいタイムカード


従業員の出勤状況を管理するには、タイムカードを使うと効率的です。タイムカードとは専用の機械に挿入するとその時刻がカードに打刻されるもので、あとでカードを集計することで出勤状況を管理できる仕組みです。...